冬の冷えは、夏場から。

今年は、昨年と違い本格的な梅雨ですね。

梅雨寒と言われるだけあって、施術に来て下さる方ても、冷えてる方が。

冬ならば、「寒い、寒い」となりますが、今の時期は気温もある程度高いので、冷えていても自覚しにくいです。

これから、梅雨が明けて暑くなると、冷たいものをとる機会が増えます。

中には、暑い時はからだは冷やした方が良いと思って冷たいものを飲んでました‼️

という方も。

暑い=冷やすの方程式が出来上がってるんですね。

ただ、人間には恒常性といって、体内の環境を一定に保つ仕組みがあります。

冷たいものでガンガン冷やしては、それをなんとか元の状態に戻そうと内臓にも負担がかかります。

内臓の疲れって、運動後の疲れのように筋肉痛になったりはしませんが、食欲がなくなったり、あるいはやたら食べたり、お腹を下したり、その他にも色んな症状があらわれ、いいこと無いよということです。

そして、暑い夏に冷やしていると、寒くなる秋冬にはもっと良くないことに。

冬場、冷えて辛い人は、この暑い夏の時期から体を作っていかないと間に合いません。

寒くなってからでは遅いんです。

    前の記事

    サボる