中年のダイエット

気温も高くなり、肌の露出が多くなる季節ですね。

そうなると気になるのは余ったお肉。

私もここ数ヶ月、朝は空腹でもないのにガッツリ食べ、日中は口寂しさを埋めるためお菓子を食べるという好き放題をしたお陰で、お腹周りのお肉が成長してしまった、、、。体重計に乗ったら3キロ増。

お陰で乗馬用ズボンのお腹周りの布が引っ張られ、チャックが見えそう。いかん、このままでは!とダイエット決意。

一ヶ月が経過しました。経過はこんな感じ。

1週目、食べないように気をつけるも1キロ増。何故?やってらんねーぜという気分。

2週目、3週目、口寂しさ解消のため、フィトケミカルスープを朝と昼に食べてみる。このスープはかなり満足感あり。3週目終わりに2キロ減。

4週目、スープを作るのが面倒になり、体重減を良い事に3日間またやりたい放題。体重計にものらず。すると、すぐ体重もどる。しかし、あることに気づく。

5週目、スタート時の500グラム減。

たった500g? 水分?

痩せるのは何故こうも難しいのか、、、。。

しかし私はこの一ヶ月の自分の行動で、良い事に気付きました。自画自賛。

それは、

ダイエットは、「食べないこと にあらず。意識して食べること」である

太る時、私は明らかに必要以上に食べ過ぎを継続してます。

では、何故そうしてしまうのか?それは、

そこにあるから

なんとなく

口が寂しいから

というだけで、本当にそれが必要でしてる訳ではない。

そこで、食べたくなったら!ちょっと待て‼️

本当に腹ペコでそれを食べたいのか

絶対食べたいものなのか?

からだが必要としてるものなのか?

をお菓子を口に入れる前に体に確認(自問自答)するようにしました。(入れてから確認してはダメですよ💧)

するとですね、本当に食べたい時はほとんどありませんでした。今までのはただの無駄食い。

間食がかなり減り、今でもチョコも食べますが、以前なら一箱食べてたのが、一粒で済むようになりました。

我慢して絶対に食べない!のではなく、その都度食べる、食べないを自分で意識的に決めるので、気分的に無理や我慢がほとんどありません。

きっとこれを続ければ少しずつ変わって行くでしょう。

中年のダイエットは、食事制限をして必死に痩せるではなく、自分のからだの状態を見極めながら食べるものを「しっかり意識をして摂る」が鍵。

体も心もお肌も無理せず整えるのが大切。

これが私のやり方‼️