ごあいさつ

「もう、歳だから」とあきらめていませんか?本当に年齢のせいでしょうか?

何のケアもしないで済むのは20代前半まで。大事に丁寧にケアすれば、お肌と体は必ず応えてくれます。

あなたの肌もからだもまだまだ可能性があります。諦める前にこれからのために今手をうちましょう。

米澤 雅子(よねざわ まさこ)

セラピスト写真

鍼灸あん摩マッサージ指圧師
美顔率インストラクター
英検準1級

( 経 歴 )
短大卒業後、大手メーカーに就職。
1年間の米国留学をするため退職。
帰国後東京のゲーム会社に就職。
仕事の傍ら鍼灸専門学校の夜間部へ通学。2年生の時に体調を壊したのを機に退社。
都内の鍼灸院でアルバイトとして勤務。
鍼灸マッサージ師の国家資格取得後、地元水戸に帰省。
接骨院に勤務、その後友人の紹介で世界一周クルーズのピースボートに鍼灸マッサージ師として1航海乗船する。
帰国後は訪問マッサージなどで経験を積む。日立市鍼灸マッサージ師会 相談役 根本博行先生に師事後、
開業。
自身の長年のアトピー性皮膚炎を米澤式健顔で克服したことから、銀座にある米澤式健顔のサロンに週に1度研修生として3年間通う。
サロンでも米澤式健顔の施術をスタート

( 私の体験から )
昼はOL、夜は鍼灸の学生、土日は勉強会とほぼ休みなく奔走した時期がありました。
自分のカラダの声を無視した結果、小さいころからのアトピーは悪化、その上都内で倒れ大学病院に搬送されたことがあります。
(精密検査の結果は特に異常なし。)

その後一週間はめまいで起き上がれず、その後も肩こり、首の緊張、蕁麻疹、カラダがゾワゾワする感覚などに数年悩まされました。
こんな体調のとき、こころの状態が良いはずがありません。
自分で鍼やお灸をし、少しずつからだが回復するのに伴い、こころも変化していきました

この経験から、こころとからだは切り離せないものと実感。
こころの緊張でからだも緊張し、からだが疲れればこころも疲れてイライラ。
なんとなく気分がすぐれないのは、からだからの「疲れてますよ」というメッセージです。
休んでもなかなかカラダがスッキリしないときは、誰かにケアしてもらう必要があるときです。

こころとカラダを一つのものとして扱うのが東洋医学・鍼灸です。
鍼灸でからだの不調の原因を根底から改善すると、心にも余裕がうまれます。
不調に悩まれている方には、もっと自分のカラダの声に耳を傾け、対処できるようになって欲しいと願いながら施術をしています。

お肌についても同じです。
長年の米澤式健顔のケアを通しで、肌が外からの刺激をどれほど敏感に感知するかを学びました。
お肌もあなたがどう接するかで変化します。
是非一人でも多くの肌トラブルで悩める女性が米澤式建顔と出会って、毎日鏡をみながらため息をつくことから解放されて欲しいです。

あなただけの健康と美しさのベストコンディションを見つけていくお手伝いをします。
一緒に悩み、喜び、成長していきましょう!!