自分の体に気付く

はじめての方に、施術前のお身体の状態を聞くのですが、痛いとか不快なのは感じていても、それ以外のことは、把握している人と全然わからない人がいます。

把握している場合でも、もちろん一番辛いところだけのことがほとんどです。

辛いんだからあたりまえですが。

それが、施術の回数を重ねるごとに変化します。

最初は何を聞いても

「わかりません」

という方も、徐々に、

ここがこうです。とか前回の施術後はこうだったと言えるようになります。

これは、じぶんの体に意識を向けて、感じることができるようになったのだと思います。

疲れ切ってると、正直とにかくしんどくて、どこがどうなってるかなんて感じるエネルギーすらないんです。

いちいち聞かれても、思い出すにもエネルギーが必要だから答えるのもしんどくさい。

そういうこともあります。

だから、最初言えなかった方が、自身の状態を言えるようになると、余力ができてきて良かったなと感じます。

私に聞かれるから覚えとこうと思ってそうなるのかもしれませんが、まぁそれならそれで、きっかけはなんであれ自分に意識を向けるお手伝いになったのならよしと思ってます。

まずは気づくことが大事だと思うので。