突然の出来事のつづき

前回のブログで、突然の出来事か起きた時の私の体に起きたことを書きました。

それらの症状がどうなったかを伝えてなかったので、書いておこうかなと思います。

まず、早い時期に解消したのは、物忘れです。当日だけでした。

次は、喋りまくること。これは友人が話を聞いてくれたりして4、5日で落ち着きました。身内を含めいろんな人に病状報告をしたので、誰にどこまで話したかわからなくなることもありました。

そして、最後まで残ったのは、食欲と睡眠の異常でした。

いつまで続くのか気になりましたが、驚いたことに、これは、主人が退院して家に戻ったら直ぐに無くなりました。

朝までぐっすり眠れて今までのは何だったんだ?という感じ。

まぁね、ひとりで家にいるって物音がすると気になったり不安ではあったんですよね。今思えば。

自分が自覚しているかしていないかに関わらず、心の体に及ぼす影響は絶大だなと、改めて身をもって感じたのでした。

あとは、退院して4、5日してから疲れが出始め、毎日疲れたー、疲れたーと連呼し、夜も起きてられず20時とか21時から寝てました。1週間ぐらいしたらそれも無くなりましたね。

自分が大したことないと思っていても、体には確実に影響しているってことです。

どうぞ皆様もご自身の心と体をよーく観察して、大切なあの人に対応する様に自分にも対応してあげてくださいね。

決して奴隷の如く扱いませぬよう‼️

    次の記事

    2021/6月のお知らせ