お顔の赤みが気になる方へ

Tゾーン、小鼻の横の頬、顎先が赤くて気になっている方がいらしたら、いつものお手入れを変えてみてはどうでしょう?

この赤みですが、中学生のころにニキビがよくできていたり、元々はオイリー派だという方にみられます。

よくお肌をみて、赤みとともに毛穴の開きもあれば、元来脂の出がよい方のはずです。

それなのに、保湿成分たっぷりの化粧水や美容液、オイルクレンジングなど、外からベタベタつけすぎてお肌がアップアップしている状態です。

もしそういう方が、乳液、美容液、アイクリームを使っている場合、私は真っ先にそれらをやめて様子をみることを提案します。

代謝の良い夏は、特に夜寝る前の保湿は、必要ないはずです。

保湿よりも日中にかいた汗や汚れを、丁寧にしっかり洗い、そのあとの保湿は自分の脂にお任せすれば十分!

先日。同じことをお客様にお伝えしたところ、その日からお手入れは化粧水までにしているとのこと。

化粧水だけでも、全く問題がないので、化粧水も付けない日も出てきたと仰ってましたが、1ヶ月経ったらかなり赤みが薄くなられました。

外から余計なものを足さないだけでも赤みは改善することがあります。

今までしっかりと保湿をしていた方は、しないことにかなり抵抗があるかもしれませんが、代謝の活発な今の時期、試してみる価値があります。

まずは、夜の乳液や美容影響、保湿パックなどをやめてみることからはじめてみませんか?

    前の記事

    美♡Myself 2020年8月No.3

    次の記事

    朝、お腹が空かないとき